サイト更新情報 - 轍 Wadachi関連のコンテンツを別サイトに分離しました。 - 新着情報
スポンサードリンク
メインメニュー
サイト内検索
アクセスカウンタ
今日 : 4646
昨日 : 8181
総計 : 1473110147311014731101473110147311014731101473110
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 新着情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
スポンサードリンク
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

(1) 2 3 4 ... 15 »
サイト更新情報 : 轍 Wadachi関連のコンテンツを別サイトに分離しました。
投稿者: webmaster 投稿日時: 2016/12/24 16:53:09 (1000 ヒット)

これまで『轍 Wadachi』関連のマニュアルなどをこのサイトの一部として提供してきましたが、新しくサイトを立ち上げ、『轍 Wadachi ソフトウェア 公式サイト』として独立させることになりました。

新しいサイトのURLは下記の通りとなります。

http://wadachi.cyclekikou.net/

今後、従来のURLからのアクセスは新サイトに自動転送されますので、リンク先を変更しなくてもそのままでアクセスは可能です。ただし全てのページがトップページに転送されるため、個別ページにリンクしている方はリンク先を変更して下さい。

轍 Wadachi : 轍 Wadachi Version 3.95がリリースされました。
投稿者: webmaster 投稿日時: 2016/8/29 11:10:00 (1188 ヒット)

いくつかのマイナーアップデートを経ていますが、久しぶりに新機能を追加しました。

一番大きなものは「標高値の書き換え」機能です。GPSは一般的に水平精度に比べて垂直精度が低いため、山間部などでは高度が暴れてしまうことはよくあります。こんな時に役に立つのが「標高値の書き換え」です。同様の機能はカシミール3Dにもありますが、轍では国土地理院が提供する10mメッシュ標高データを利用することにより、さらに高い精度で標高を補正することができます。なおこの機能の利用にはインターネット接続が必要です。

その他、トラックの複製に対応、トラック連結時に元のトラックを残す、轍ONLINEへのアップロード時にタグを検索できるようにするなど細かい改良を行っています。

また以前のバージョンではルートラボなどから取り込んだ時間情報のないトラックを使用すると距離が0になるなどの不具合が発生していましたが、これを修正しました。

轍 Wadachi : 轍 Wadachi Version 3.92がリリースされました。
投稿者: webmaster 投稿日時: 2016/1/12 15:08:41 (2427 ヒット)

非常に久しぶりのバージョンアップで、今回は新機能が2つ追加されております。

1) レポート全体に対する「説明」が付けられるようになりました。

これまで「写真レポート」としてページ末尾にウェイポイントの内容を一覧表示する機能がありましたが、それではウェイポイントごとの説明しか付けられませんでした。しかしページ全体の説明や感想などを表示したいというご要望が少なからずありましたので、それにお応えする形で実装しました。

新たに「説明」タブが追加され、ここに記入した内容がそのままページに挿入されるようになります。HTMLタグも使えるようになっていますので、いろいろな応用が可能です。この「説明」は静的なHTML出力、および轍ONLINEの両方に反映されます。しかも入力した内容はデータファイル(.wdf)にも保存されます。

これで単独のレポートとしても使いやすくなりましたので、新しい機能をぜひお試し下さい。

2) ジオタグの埋め込みが可能になりました。

これまでジオタグの読み込みのみ対応していましたが、トラックログと照合して写真にジオタグを埋め込むことも可能になりました。

使い方は「ウェイポイントの自動作成」とよく似ています。スペースの関係で専用ボタンはありませんので、「画像」タブの右クリックメニューから「ジオタグ付加」を選択して下さい。あらかじめトラックログを読み込んでおき、写真を追加した後に実行すると、登録されている写真のすべてにジオタグが付けられます。なおジオタグ付きの写真は別ファイルとして保存されますので、元の写真が変更されることは一切ありません。

轍 Wadachi : 轍 Wadachi Version 3.90がリリースされました。
投稿者: webmaster 投稿日時: 2015/3/17 18:20:00 (3766 ヒット)

これまでKML/KMZファイルは出力のみで読み込みには対応していませんでしたが、ついに読み込みにも対応しました!

これまでできなかった理由は、基本的にKMLファイルには時間情報を持たせることができないため、読み込んでもログとしては意味がないからです。

しかし最近になって、KMLの拡張仕様で<gx:Track>要素が定義され、GPXと同じように時間情報を持ったログの読み込みが可能となりました。

これにより、Android版MyTracksなどが出力するKMZファイルを直接読み込めるようになり、ハンディGPSを所有しないスマホユーザーの方にもログが手軽に扱えるようになりました。

ただしKMLは記述の自由度が高く、フォーマットが一定していないため、すべてのKML/KMZが読み込めるとは限りません。今のところ読み込みを確認したファイルは次の通りです。

・MyTracks、山旅ロガー、ルートラボが出力するKML/KMZファイル
・轍自身で出力したKML/KMZファイル(Ver.3.88以前で出力したKML/KMZファイルは正常に読み込めません)

なおKMLには「ルート」という概念が存在しないためルートは読み込めません。代わりにGPXをご利用下さい。

轍 Wadachi : 轍 Wadachi Version 3.88がリリースされました。
投稿者: webmaster 投稿日時: 2015/1/27 17:53:14 (2498 ヒット)

久しぶりの更新ですが、新しい機能というより以前あった機能を復活させたものです。

Version 3.53以前のバージョンには、「ウェイポイントの新規作成」ダイアログの中に「地名から検索」という機能があり、任意の地名を入力して緯度経度を求め、ウェイポイントを新規作成する機能がありました。

2012年1月のGoogle Maps API有料化問題に伴って廃止したものですが、実質的には影響がないことがわかり、今回復活させたものです。とは言っても今後の情勢により再び廃止される可能性もあります。

その他、緯度経度の入力方法を1回で入力できるように改良しました。緯度と経度をカンマ区切りで入力できますので、コピペもやりやすくなっております。

(1) 2 3 4 ... 15 »
サイクル紀行 Copyright © 2004-2016 by cyclekikou.net, all rights reserved.